まえばしMキッズサミット  10月31日 終了! 子ども達の未来へ
9月から開始したまえばしMキッズサミットは、5つのプロジェクトを終了し
さいごのしめくくりを迎えました。
9月に初めて顔をあわせた子ども達は、この5つのプロジェクトを
通じて何を学んだのでしょうか。
体験プロジェクト -  まえばしにある街中の商店街を訪問し、
               どんな仕事があるか、なぜその仕事を選んだか
               嬉しい時は、大変なことは? たくさんの
               質問に答えていただきました。
仕事計画プロジェクト - 前橋の街中の探検とインタビューから気づいたことを
                 グループで話し合い、自分たちの仕事をするとしたら
                 どんな仕事をしたいか、意見をだしあって決めました。
協力プロジェクト -   実際に子ども達が自分たちのお店を開店するために
                いろんな工夫をして、お店づくりをしました。
                ひとつひとつ熱心に、集中して取り組む姿は
                キラキラ輝いていました。 協力することが
                うれしいという事に気づいたようです。
お店開店プロジェクト - 共愛学園前橋国際大学の 大学祭「シャロン祭」の
                 協力を得て、お店を出店しました。
                 どのチームも、自分たちのお店にたくさんの人が
                 来てくれるために知恵をだしあい、力をあわせて
                 がんばっていました。
Mキッズサミット   -   実は大切なところは、ここでした。
                  お店を開くまでの経緯と、なぜその仕事をしたのか
                  実際に開くのに苦労したことや、うれしかったこと、
                  仕事をすることの意味を自ら気づいたようです。

サミットでは、みんながそれぞれに意見を出し合っていました。
なぜ? に答えを出すのは自分たちでした。

グループで話し合って意見をだしたあと、全体の大きな輪になって
「仕事への価値観」「将来の夢」などたくさんの意見がでました。

人を介して何かを学ぶことを知った子ども達はとても
誇らしげでした。
それは、自らがやり遂げたという達成感を得たからでしょう。
学年の上のお友だちは、下のお友だちへの思いやりや
教え方、仕事の分担、協力することを学んでいました。
意見を聞いて、自分でがんばってみることの大切さは
自分で探すことができるのですね。

ずっとグループをサポートし、導いてくれたのは大学生の皆さんでした。
手を出さず、子ども達の答えをじっと待ちながら、最後まで見届けることが
できたこと、とても素敵な先生たちでした。
グループごとに修了証をもらって、はにかみながらも子ども達は嬉しそうです。

密度の濃い2015年 まえばしMキッズサミットも無事に終了しました。
とても忙しい準備、連携プレーの日々、大学生たちは試験や就活を
抱えながら立派にやり遂げてくれました。
まわりで応援している大人達もその姿に、感動でした。
来年もまたMキッズ!  元気に集まって、元気にやりとげましょう!

主催の前橋市教育委員会 中央公民館のみなさま、 
共愛学園前橋国際大学の先生方や学生の皆さん、
皆さんの協力が、子ども達の未来への1歩を築いてくれました。
また来年、お会いしましょう!!