8月8日の土曜日、助戸公民館に小学生がたくさん集まってくれました!

今年で4回目になる「あしかが小学生ことば王選手権」。
さて、「ことば王」ってなんでしょう?
「ことば」って、毎日いつでもあたりまえに使うものだから、そんなに深く考えたりすることってなかなかないよね。
だけど、「ことば」を知らないと困っちゃうことがある。


たとえば、四字熟語。
オトナになると、ストレートにものを言いにくくなるんだよね、いろいろ。
そんなとき、四字熟語や慣用句をつかうと、表現が柔らかくなって、うまく相手に伝えられることもある。
それから、漢字。
低学年のあいだは漢字に振り仮名がふってある文を読むことが多いけど、だんだん漢字だけの文章になるんだよ。新聞も、ネットのニュースも、全部に振り仮名がふってあるわけじゃないよね。だから漢字が読めないとこまっちゃう。
そのほかにも、中学校の勉強や、高校・大学受験でも、しっかりことばについての知識がないと、算数や理科・社会の問題が解けなくなっちゃうこともあるんだよ。
小学生のいまだからできること。
たのしみながら、自分のことばをいっぱい増やすこと!!

先生たちはどうやったら小学生のみんながいっぱいことばに触れられるか、研究しました!!
そして「ことば王選手権」というイベントをすることになったんです(^◇^)


辞書をつかって答えをさがしたり、

サイコロのヒントから考えたり、

ママたちの知恵を借りたりしながら(笑)
みんなでいろんなことばのクイズをたのしんだよ!
最後にろんごカルタで競争!!

誰がいちばんたくさん札をとったかな?
みんな真剣にのぞきこんでいました。
ぜんぶのクイズが終わったら、得点発表!!
今回いちばんは106点の6年生の女の子でした♪

イベント終了後、ママたちにインタビューしてみました。
ママりん ふだん言葉について考える機会がないので、とっても勉強になりました
ママりん 漢字の読みの問題で、自分の学年よりもっと前の字も読めないことがわかってびっくり!!漢字が読めたらもっといろんな本が読めるんじゃないかなと思います。
ママりん 言葉がコミュニケーションで大切なのだとわかっていますが、家庭で教える機会がなかなかないんです。
ママりん 国語ってどうやって勉強させたらいいのかわかりません。先生たちといっしょなら、きっとヒントが見つかりそうな気がしました!


子どもたちは参加賞をもらってうれしそうでしたが、ママたちもいろんな発見があったようです♪
「また来年もやる!?(^◇^)」
って聞いてくれた子がいっぱいいました!!
もちろん!!!
またいっしょに遊ぼうね!!

先生たちも新しいクイズを研究しておくからね!
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。